僕は雇われずに生きていこうと思った

自由なネット起業家、
だいぽんさんの半生をつづった本。

だいぽんさんの経験は壮絶そのもの。
筆舌に尽くしがたい半生。
それがたんたんとつづられている。

人生は小説より奇なり。

小説を読んでいるようで、
実はもっと興味深い。

時給720円の皿洗いから、
どうやって年収1億円を稼ぐようになったのか、
その半生を描いた自叙伝。

今は3億円を下らないという。

無料。